家族による財産管理・承継の新たな手法「家族信託®」

家族による財産管理・承継の新たな手法「家族信託®」

相続・資産承継について

家族信託®について

家族信託®とは、老後や相続にそなえて信頼できる家族に財産を託し、管理してもらう方法です。
成年後見人制度と違い、財産管理・処分など積極的且つ柔軟な財産管理が出来るので、資産の組み換えや運用なども可能となります。

家族信託の概念図

※大きなサイズ(PDFデータ)で見る

家族信託が注目されている理由

最近、家族信託が注目されている大きな要因として、従来の相続対策では不可能だったことが家族信託を利用することで可能になった事があげられます。

代表例として次の2点があげられます。

○認知症の備えとして

判断能力が衰える(認知症)前のご本人がお元気な内に、目的や希望をきっちりと家族信託を利用しておくこと、受託者がその目的や希望の範囲で柔軟に財産管理や資産の有効活用をする事ができます。
「家族信託」を利用することで財産の柔軟な活用が可能になりました。

○自分が亡くなった後、次の相続についても決める事ができる

今までの資産承継では、二次相続以降の承継者を指定することができませんでしたが、家族信託なら資産の承継先を自分で決める事ができます。

この他にも、自分が経営する会社の株式の承継や不動産の共有問題、障がいを持つこのために利用するなど、家族信託を利用すれば、今までできなかった事ができるようになるのです。

財産管理と相続対策

財産管理と相続対策

※大きなサイズ(PDFデータ)で見る

もし、少しでも家族信託を利用するメリットを感じられましたら、すぐにでも家族信託を利用する事をご検討する事をお勧めします。
問題が顕在化してしまった後では、家族信託を利用出来なくなってしまうからです。

 

他の一般的な手法のメリットと課題

 手法(選択肢) メリット 問題点
何もしない(放置) コストはかからない。 問題は何も解決しない。
生前贈与 相続税に課税対象資産を減らすことが出来る。

意思がはっきりした間に承継ができる。

贈与税の課税。

贈与後の生活資金等の不安。

遺言による対策 不動産共有リスクの排除。

希望に従った資産の分配。

書き換えのリスク

相続発生時のみの対策であり、生前の対策にはならない。

成年後見制度の活用  生前に判断能力を失った際の資産の保全。 柔軟な資産の活用ができない。

手続が煩雑。

家族信託の活用  是以前から相続発生まで一貫した対策が可能。

意思(想い)を反映し、柔軟に設計が可能。

判断能力がある間に組成する必要がある。
ご家族との話し合い等

資料請求