セレの空間設計

セレの空間設計

セレコーポレーションはゲスト(将来を担う若者)に最高の笑顔と感動を与え続ける空間を設計し、それを高い技術力で創造します。
20~30代の若者層が住みたい理想の間取りは1LDKのようなベッドルームタイプです。
しかしながら1LDKは通常35㎡以上の広さがあり、相対的にも賃料も高くなってしまうため、やむを得ず小さなワンルームを選んでいると言った現状もあるようです。
そこでセレコーポレーションが目指したのは、ワンルームの広さで1LDKに匹敵するような空間づくりでした。
22㎡や25㎡といった通常のワンルームの広さで「食べる」「寝る」「くつろぐ」といった空間を分けた暮らしを実現する事です。
22㎡でも25㎡相当の空間価値を実現する事でゲスト(入居者様)に大きな感動を与え続けて行きたいと考えます。

Feel

フィールタイプ

新しいベッドルームスタイルのコンセプト。

25㎡で『ベッドルーム』を独立させた新しい間取りを提供するだけでなく、ゲストが満足できる居住空間を徹底的に研究しデザインにもこだわりました。

セレコーポレーションでは、食事・娯楽・睡眠など、それぞれの生活シーンにあった空間をご提供したいと考えました。

ベッドルームでは『安らかな睡眠の場』、キッチン・ダイニングでは『楽しく活動出来る場』。

リビングでは『自分を表現出来る場』を備えた、一層メリハリのある『場=Scene』の変化を楽しめる空間をご提供しゲストが活き活きと暮らせるアパートをコンセプトとしました。

また、デザインについても、それぞれに異なるゲストの『場=Scene』を演出するものをご提案します。

Feel

フュージョンタイプ

+3㎡で豊かさが求められる時代。

「コンパクト・エコ・ライフ」とは日本人が住まいに求める豊かさが、モノの多さや広さではなく「そこでどんな暮らしができるか」という空間の質へと変化しつつある今、アパートはゲストにとって単なる「箱」ではなく充実したアパートライフを過ごす「舞台」でありたい。

住む人のことを考えたエコでコンパクトな暮らしのご提案です。

Feel

ヴォイドタイプ

照明やインテリアで大きく印象が変わる個性派空間。

「Void Type」の最大の特長は、玄関からリビングの窓まで、何の障害もなく一直線に広がる壁面。

光と風の通り道でもあるこの空間に写真などを飾ればギャラリーとしても楽しめます。

キッチンはスタイリッシュなアイランド風。

独立性の高いベッドルームには、玄関からも開けられる便利なダブルアクセス式の収納棚を設置。

資料請求