鉄骨系プレハブ

鉄骨系プレハブ (てっこつけいぷれはぶ)

用語集

鉄骨系プレハブ

あらかじめ工場で生産された主に軽量鉄骨を骨組みの材料としている工法のこと。 一般的には木造軸組と同じく、鉄骨を用いて柱と梁、筋交い(ブレース)で構成する在来工法が主流。 工場で生産してから現場で組み立てるため、品質が安定しやすく、工期が短いというメリットがある。

関連記事はありません

Webカタログ

資料請求