資産運用としてのアパート経営

資産運用としてのアパート経営

アパート経営について

資産運用としてのアパート経営

資産には、お金や株、証券、不動産(土地や家屋)等があります。
セレコーポレーションでご提案するものはその中でも、不動産資産の運用、要するに土地有効活用というものです。 土地の有効活用にどういうものがあるかというと、 駐車場、一戸建て、商業ビル、マンション、アパートなどがあります。

駐車場は一般的に低利用といわれ、売却しやすいメリットがあり、固定資産税が高いというデメリットがあります。 一戸建ては、主にご自身の住まいとして活用をしますので、収益とは別物になります。その他は収益物件を建てて活用する利用方法ですが、用途に関してはその地域の市場性に左右されます。

よって不動産資産の運用とは、運用者の意思とは別に、その不動産の位置や価値により運用の仕方が変わってくるものであり、株やお金の運用と一線を画します。 セレコーポレーションはアパートの建築会社でありますので、主に住居地域で土地をお持ちのお客様や、その地域に土地を購入する予定のお客様へアパートでの運用をご提案させて頂いております。

 

アパート経営と他の資産運用との違い

預貯金(資産運用)

預貯金は時代の変動で金利が変わります。現在は超低金利となっており、貯金しても資産が莫大に増えるということはないですが、ほかの投資と比べてリスクが極めて少ないのです。預貯金は、仮に銀行が倒産しても元本1000万円と利息が保護されるペイオフ制度があります。

 

株(資産運用)

株は所有と売買の両方で利益が発生するというメリットがあります。一定株を保有していれば、会社が上げた利益を受けられる権利や経営に参加できます。ただ、市場が経済情勢の非常に影響を受けやすい為、株価が降下した時には、損失が大きくなる傾向があります。

 

アパート経営(資産運用)

アパート経営のメリットは、安定した収入源を長期にわたって確保できます。また、アパート経営はインフレに強い為、物価上昇と同時に賃貸物件の家賃も上がりますので、貯蓄より有利に働きます。しかし、入居者が居なければ家賃が発生しませんので、収入減につながることがあります。

資料請求