土地活用の種類と特徴

土地活用の種類と特徴

土地活用について

土地活用の種類と特徴

土地の活用方法

土地を所有している事で固定資産税等の負担がかかるばかりです。 お金のかかる土地をうまく活用し、お金を生み出す土地に変えていく必要があります。 土地活用とは一概に「売った」「買った」で利益をあげるものではありません。
遊休地を稼動させて収益をあげるものです。 長引く不況の中で、長期にわたり安定的な収益を生み出す事ができる土地活用ですが、 ポイントを抑えメリット・デメリットをよく理解しておく事が必要です。
土地の活用方法を見てみましょう。

売却
  • 高値が付けば売却益が見込める。しかし一時的なもの。
  • 利益が出た場合は税金が課せられる。
  • いつ売れるが分からない。
  • 売却の位置付け資産である事。
貸地
  • 駐車場や定期借地分譲、倉庫や貸し農園と使い道が豊富。
  • その反面立地や借り手に左右されやすく安定しない部分も多い。
  • 税金分の収益を出す目的であれば良い。
賃貸住宅
(建てて貸す)
  • 景気を直に受けない為、長期の安定が見込める。
  • 節税対策にもなる。
  • 建物に応じて投資金額が大きくなる。

 

土地活用として賃貸住宅を選択するファクター

一般的にアパート経営については他の土地活用に比べ、以下のような利点があるとされています。

  • 1:幅広い土地特性に対応しやすい

    市場調査に基づいた的確なアパート計画に基づき

  • 2:安定した収入確保が見込まれる

    収入の変動要素が比較的少ない
    ニーズを的確にとらえた商品企画に基づき

  • 3:固定資産税等の軽減に役立つ

    更地・駐車場・テナントビルに比較し有利

  • 4:相続税対策、争族防止策として有効

    資産・事業の承継を生前に明確に策定する事が可能

収益性 固定資産税 相続税 安全性
アパート
テナントビル × ×
駐車場 × ×
定期借地権

Webカタログ

資料請求