収益還元法

収益還元法 (しゅうえきかんげんほう)

用語集

収益還元法

不動産価格の評価方法の一つで、不動産の収益性に着目して、その不動産から将来得られるべき価値を現在価値に割引して評価する方法のこと。

収益還元方には直接還元法とDCF法に分けられれる。直接還元法は、1期間の純収益を還元利回りで還元して価格を求めるもので、 DCF法は、連続する複数の期間の純収益(家賃等)と復帰価格(将来の転売価格等)を現在価値に割引し、合計して価格を求めるものである。

関連記事はありません

資料請求