アパート経営のメリットとリスク

アパート経営のメリットとリスク

アパート経営について

アパート経営のメリットとリスク

アパート経営のメリットは

  • 長期的な安定収入

    毎月の家賃収入が確保されます。しかも、その収入は長期にわたって安定しています。もちろん時期によっては空室がでる場合もあるでしょう。しかし、事業としてとらえた場合、非常に波の少ない堅実な経営が可能です。

  • 目減りしない投資

    目減りとは、投資による利回りよりも物価上昇率の方が高い時におこる現象です。したがって資産を運用する場合に、いかに元の投資金額を目減りさせないかという点が重要となります。

  • 専門知識がいらない

    他の事業と決定的に違うのは、特別な資格や知識を必要としない点です。また、人件費もかかりません。どの様な事業でも専門的な知識がないと始めにくいものですが、アパート経営なら簡単な帳簿付け程度ですみます。

  • 固定資産税や相続税が節税できる

    低利用地や未利用地は税金ばかりがかかりますが、そこにアパートを建てれば非常に効果的な節税になります。たとえば、固定資産税は宅地を住宅用と非住宅用とに区分し、住宅用地の課税を軽減しています。

  • 安心してアパート経営ができる定期借家権が制定

    これまでの借地借家法は、「借り手側」の権利を手厚く守るように定められていました。そのため、借家人が容易に立ち退いてくれないなどの心配がありました。平成12年3月より導入された定期借家権では、この点が改善され、契約期間の満了とともに立ち退いてもらうことができます。

アパート経営のリスクは

  • 建物、設備の老朽化

    老朽化が激しいと入居者は新しいアパートに移住したりし、入居者の確保が困難になり、利回りも悪くなります。また修繕費用もかかります。

  • 空室、家賃の下落、滞納者、金利上昇など

    空室が続けば、ローンの返済にも影響します。いくら満室でも家賃の下落に滞納者が出れば同じ様に影響が出ます。また、金利の上昇なども大きなリスクと言えますので、先々を見据えた収支計画が必要です。

  • 災害被害

    地震、火災、台風などの災害もリスクです。火災保険は、銀行のローンを組む際に加入致します。また地震保険は、任意にて個々に加入するか検討する必要があります。

アパート経営の利回りとは?

利回りとは、投資に対する利益の回収割合のことを示します。 利回りが低ければ、回収する割合低く、高ければ回収割合が高いことを意味しています。 一般的にアパート経営で利益を上げたければ、実質利回り10%以上が必要になってきます。 利回りが12%以上は必要という人もいますが、もし10%を下回ったとしても、その分空室が少なければ、利益がでる計算になりますので、利回りがすべてというわけではありません。

土地を安価で手に入れるのが目的であり、儲けがほどんどいらないと割り切るのであれば、利回りの低い物件でもかまわないと思います。 しかし、基本的には、アパート経営では、なるべく高利回りを目指します。

Webカタログ

資料請求