- KEY WORD -

節税対策
建物の品質

“節税対策”
“建物の品質”
重視するオーナー様へ

節税対策 建物の品質

今、相続税対策にアパート経営が注目されている理由

現金をそのまま残して遺族が相続すると、相続財産の評価額は現金(または預貯金)の額そのままです。しかし、土地や家屋を購入することで相続財産の評価額を下げることができます。自分の土地にアパートを建てると、毎年の土地の固定資産税評価額が6分の1に軽減され、相続の際は「貸家建付地」となるため、相続税の節税対策となります。また、「小規模宅等の評価減」を適用すれば、さらに評価額を下げることができます。

重視ポイント

広さより「質」を追求。安全性・耐久性にも優れ品質的にも安心。

セレ コーポレーションは一級建築事務所、施工管理会社として国交省の認可を得て自社で設計施工しています。国交省認可・認証の自社工場で部材を作り、施工管理技士の資格所持者が建築施工に従事。建築は協力会社の建栄会が匠の技を駆使して品質の良いものを造り上げています。セレが手掛けるアパートは、広さよりも空間の「質」に着目し、ゲストが充実したシングルライフを送るための舞台として、従来にない発想のコンパクト&エコな空間づくりを行っています。また、耐震性が強く、安全性・耐久性に優れた軽量鉄骨に特化。その構造体は、国交省から型式の認定・認証を得ているため、品質的にも安心です。

セレの建物へのこだわり

1.ゲストが満足する空間
アパートはゲストにとって単なる「箱」ではなく、充実したパートライフを過ごす「舞台」。セレは広さよりも「質」に着目し、ゲストが充実したシングルライフを送るための舞台として、従来にない発想のコンパクト&エコな「感動空間」づくりを行っています。
2.メンテナンスフリーを目指す品質
セレは自社でメンテナンスや収益維持に向けたフォローアップを行います。オリジナリティのあるオペレーション業務やメンテナンス業務などを遂行し、独自のマニュアルによる長期的視野で収益の向上・還元に貢献。常にメンテナンスフリーを目指す品質を追求しています。

セレの建築事例を見る

ワンポイントアドバイス

金融機関からの借り入れで建てた場合でも、大きな節税効果を発揮

金融機関からの借入で建物を建てた場合は、さらに大きな節税効果を発揮します。不動産の場合、更地より建物の建っている敷地、その建物もアパートの敷地はさらに評価額が下がるので節税効果が期待できます。しかも「債務控除」によりアパートローンの残金が控除され、相続税評価は大幅に減少します。このように、賃貸経営・アパート経営は相続税評価額の減額による大きな節税効果が期待できるのです。

資料請求